京都精華大学・京都コンピューター学院の授業の一環として、
チューブロックを用いたストップモーション・アニメーション作品を撮影・制作していただきました.

2017・2018年度にかけて、計14作品ものアニメーションが集まりましたが、
その中からチューブロックスタッフが厳選したオススメの4作品をご紹介いたします!
いずれも力作揃い!どうぞお楽しみください。

アニメーションページはこちら

▼チューブロックスタッフの鑑賞コメントです▼

「Tublock ができるまで」

・可愛くてわかりやすい!一生懸命押してるのが「重いんだろうな」って伝わって可愛い。
・チューブロック独特の動きが良く表現されている。
・話が分かりやすくて、こどもたちにも伝わると思います!
・人形の動きが可愛らしく、自然に観れた。

 

 

 

「omelette」

・各サイズのパーツをうまく使用されいている!
・個人的に、シンプルだけどチューブロックの特性を存分に活かしてくれていて感心しました。これブロックなの?って感じるほど自然でした。
・テンポが良い。“切って細かく”や“つないで器になる”は特に特性を活かしていると思う。
・とても分かりやすくテンポが良く楽しい!音ととても合っている。
・形の変化が上手で引き込まれた。

 

 

「チューブたちのはたらくところ」

・工場の再現がいい
・凄く面白くて、最後は爆笑しました!自分も同じことをします(笑)
 オリジナルソングもよくて、小さいサイズを組みわせていくのもチューブロックならでは!
・おもしろくて、もう一回再生しました。チューブの中を覗いているアングルもいいし、
 動きもスムーズでよかった。Sパーツが出てくる感じとか、ななめに降りていくところがとても良かったです。
・人間とチューブロックの関係がおもしろい

 

 

「月への旅」

・つなぐ、わける、まげる が出来ている
・色んなパーツがあることが映像から伝わった
・チューブロックって何でも組み合わせ次第で作れるんだよね。っていうのがとてもよかった。内容もシンプルで良い。
・シンプルだが、その中にも失敗と成功を織り交ぜたストーリーもあり、まとまりが良かった。