阪急塚口駅より徒歩10分。
真っ青な空と、真っ白な雲が夏らしい快晴の7月22日(日)
園田学園女子大学さんのオープンキャンパスにお邪魔してまいりました。

この日は「キッズオープンキャンパス」という、
子どもたちのためのオープンキャンパス”が開催されていました。
学生さんたちが普段は外で取り組りくまれている地域活動。

それを今日は特別に学園の中へ場所を移して、
地域の子供たちと触れ合うそのままの姿を見てもらおうというのが
この「キッズオープンキャンパス」




その中で、チューブロックで自由にこどもたちに作品づくりに取り組める
「チューブロックのひろば」ブースを作っていただきました。


大きな窓から太陽の光が降り注ぐ開放的なスペース、
机の上にはチューブロックが所狭しと広げられています。

 

 

 

今日のこどもたちの先生は、児童教育を学ぶ学生さんたち。
こどもたちの自由な作品作りをサポートしてくださっていました。
優しく楽しく、子供たちの想像力がより広がるようなお話の仕方や接し方は、
見ている私がとても勉強になります・・・。



 


訪れる保護者様やお子さんたちの中には
「こんにちはー!来ましたよ!」
学生さんたちに気軽にお話しされている方も多くいらっしゃり、

園田学園女子大学さん、学生さん達が
本当に普段から“地域活動”=つながり を大事に活動されているんだなあと感じる場面に多く出会いました。

こどもたちにとっても、先生のような、本当のお姉さんのような、
きっととっても近しい存在なんでしょうね。

チューブロックがすこしでも皆さんの“つながり”活動の支えになれるよう、
これからも微力ながら園田学園女子大学さんを応援させていただきます!


素敵な笑顔の学生さん達と、日和佐先生。
皆さんありがとうございました!!

(文と写真/西美和子)